なんでかギッた動画ファイルのコーナー

 

注意!この情報は過去の遺物である為に参考にならん!

 

超初級編

すべてWINDOWS XPでの解説です。それ以外は未検証です。

 

Divxなどのコーデックについての基本

「コーデックが入ってないから再生出来ない」、最近よく目にする言葉ですが、ではコーデックとはなんでしょうか。コーデックとは簡単にいうと圧縮解凍をするプログラムです。(正式にはコンプレッサー、デコーダーと言います)動画はそのままでは巨大なファイルです。よって出来るだけ画質を低下させずに圧縮することが必要になります。圧縮されたファイルは解凍しなければ再生出来ません。この一連の圧縮解凍をするのがコーデックの役割です。

画像で例えるならJPGという形式の画像ファイルがありますが、皆さんご存じの通りJPGは圧縮されたファイルです。このファイルを見るにはJPGを解凍するプログラムが必要なのです。現在WINDOWSには標準でJPGを圧縮解凍するプログラムが入っていますので私たちは意識することなくJPGファイルを見ることが出来ます。しかし今後JPG形式よりも画質を低下させずに圧縮出来るプログラムが出現した場合(現在存在しています)にそのプログラムで圧縮されたファイルを解凍するプログラムがWINDOWSにインストールされていない場合は見ることが出来ないわけです。

これと同じくWINDOWSに標準で用意されているコーデックを使用した動画ファイルは、誰でも意識することなくクリック一つで再生出来ますが、WINDOWSに標準では用意されていないコーデックで作成された動画ファイルは、そのコーデックをインストールしなければ再生することは出来ません。現在数種類あるコーデックのひとつがDIVXなのです。最近はDVDから取り込んだ動画のファイルを小さくするするために、ほとんどこのDIVXというコーデックが使用されていますので、せっかくDLしてもDIVXコーデックがインストールされていなければ再生出来ないのです。(実際の動画は映像データと音声データが分かれていて、音声は標準のコーデックが使用されている事が多いので、音は出るけど映像が出ないという現象が起きます)

よく誤解されるのですがコーデックはそれ単独では機能しません。WINDOWSが定める場所にそれらコーデックをインストールしておくと、メディアプレーヤー等の再生ソフトが各々のファイルに必要なコーデックを自動的に呼び出して使用しているのです。

今現在動画ファイルが見れなくて困っている方は、以下に代表的なコーデックを用意しましたのでお試し下さい。

 

 

エロ動画や海賊版ムービーファイルコーデック

 

DIVX3.11Alpha(解凍後Register_DivX.exeをクリック)

これは最近あまり使用されていませんが、見れない動画の1〜2割程度はこのコーデックのようです。ただしDirectX8以上でWMP9をインストールした場合はDivX3.11alpha をインストールする必要はありません。

ダウンロード

 

Ver.UP DIVX5.05(必ず先に3.11をインストしてください)

DivX5.0.3以降のデコーダでDivX4以降を再生すると再生開始時に画面の右下にDivXのロゴが表示されます。 これを表示したくない場合は次の設定をしてください。 スタート → プログラム → DivX → DivX Codec → Decoder Configuration → Quality Settings → Disable Logoにチェックを入れる 。

まあ最初だけなのであえて表示させて「お!効いてる効いてる!」と喜んでみるのも一考ではあります。また5.02の設定は全て初期化されるので必要なら再設定しましょう。

ダウンロードサイト

*3種類ありますがPROじゃないFree版をDLしましょう。


Windows Media Player 9

Windows Media Player 9が正式に配布開始されました。特徴なんといってもウィンド再生アスペクト比 を反映するようになったことと、シークバーが長くなったので見たいシーンを探しやすくなったことです。今までのWMPはシークバーが短かったので、エロ動画を見る時など少しだけ前後のシーンに移動するのは至難の業でしたが、今回のバージョンで改善されました。 これでストレス無く見たい瞬間を探せるようになりました。あとMP3を音楽CDとして焼く手順が分かりやすくなったので焼きソフトを持っていない人はヘルプを参考にして頑張ってみるのもよいでしょう。 他にはVCDが再生出来るようにもなりました。まあMXな人々には関係ないのですが今まではCDに入った動画を購入したり拾ったり万引きした場合、入っているファイルを再生するのはCDに付属しているVCDプレーヤーを使う必要があったのですが、今回からWMPが再生してくれるようになっています。現在の欠点は最新版の宿命ですが少々不安定です。OSごとフリーズする時がたまにあります。ま、そんなことは気にせずガンガン再起動しましょう。またDirectX 9.0を標準サポートしているのでこれを先にインストしておきましょう。ただしDirectX 9.0インスト前には必ずシステムの復元ポイントを作っておきます。最新版なので何が起きるか分かりませんよ。

 

DirectX 9.0のDL先

DirectX9.0

ここへ行ってDirectX 9.0のダウンロードをクリック。次のページのDirectX 9.0 End-User RuntimeをクリックするとファイルがDLされるのでDLしたファイルをクリックしてインストします。再起動で完了。

 

Windows Media Player 9のDL先

Windows Media Player 9

上記場所からOSのバージョンに合わせてインストしましょう。 これもDLしたファイルをクリックして完了です。

 

最近多い質問について

MX大流行で動画関係の質問が多発しているのでここで解説しておきます。

 

まず最初に言っておきますがREALPLAYERでAVIやMPGを再生しようなんてのは無理な話です。RMファイルやRAMファイルだけを再生するように関連付けを変更しましょう。この辺ですでに分からない人はとりあえずREALPLAYERを削除しましょう。所詮ショボイ動画しかRM形式なんて使ってませんしどうでもいいストリーミングファイルのためにインストしておく必要はないでしょう。

DLした動画が再生出来ない場合このページの二つのコーデックをインストすれば8割は再生出来るようになると思われますが、それでも駄目なら私は迷わず削除していますが、どうしても再生したいならネットで検索してみるのも勉強でしょう(壊れていて再生出来ない場合が多いと思いますが)

再生出来るがシークバーを動かすと止まってしまうファイルがありますが、可変ビットレートでエンコードされたときにビットレートの上下変動が大きいファイルにこの症状が出るようです。この場合はDVD再生ソフトかDIVX PLAYER2.0で試してみましょう。DIVXPLAYER2.0はDIVX5.05のセットアップからインスト出来ます。

「ストリームをレンダリングするためのフィルタの組み合わせが見つかりませんでした」あるいは「不明なエラーが検出されました」というエラー表示が出るファイルは原因を特定するのが難しいのであきらめたほうが無難です。もしコーデックが足りないなら「適切な解凍プログラムをダウンロードできませんでした」 と表示されるはずなのでこのエラーが出ることはないと思います。XPでこのエラーが出る場合は、ほとんどが尻切れ(壊れた)AVI か ogm のケースが多いと思われます。

知識のある人にとってはかなりあいまいな内容ですがそれは私が自覚しているので変なつっこみは止めてください。あくまで底辺を広げる為のコーナーですので頂点を極めたい人は、他のサイトで詳しく解説してあるのでそれを参考にすることをお勧めします。

 

メインページ

 

 

 

 

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース